10年1月29日 ヘッドラインピックアッ プ / 総合ニュース|サイバーエージェントFX:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年1月29日のニュースからのピックアップです。

失業率の改善 首相「楽観できない」

鳩山由紀夫首相は29日午前、2009年12月の完全失業率 (季節調整値) が前月より0.1ポイント改善して5.1%になったことについて「全然、楽観できない。まだ5%を超えている。働きたいけど働けない状況は変わっていない」と語った。

10.1.29 11:40 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100129ATFS2900M29012010.html

12月全国コアCPIは前年比‐1.3%、09年は過去最大の‐1.3%

総務省が発表した12月の全国消費者物価指数 (生鮮食品を除く総合、コアCPI、2005年=100.0) は前年比1.3%低下の99.8となり、11月 (1.7%低下) からマイナス幅は縮小した。

同時に発表した2009年の全国コアCPIは前年比で1.3%低下し、比較可能な1971年以降で最大の下落率となり、需要の弱さに起因するデフレが顕著になっている。

2010年 01月 29日 11:35 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-13609420100129

トヨタのリコール問題、米議会が公聴会開催へ

米下院エネルギー商業委員会は28日、トヨタ自動車によるアクセルペダルの不具合による大量リコール (回収、無償修理) を問題視し、監督・調査小委員会で2月25日に公聴会を開くと発表した。北米トヨタの稲葉良● (よしみ) 社長と米高速道路交通安全局 (NHTSA) のストリックランド局長に書簡を送り、さらなる情報開示などを求めた。(●は目へんに見)

トヨタがいつ問題を認識し、適切な対応を取ったか、厳しい調査が行われる見通しだ。

2010年1月29日11時28分 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100129-OYT1T00480.htm

景気判断8期ぶり据え置き、財務局長会議・踊り場入りも

財務省は29日、全国財務局長会議を開き、平成21年10〜12月期の各地の経済情勢報告をまとめた。全国の景気の総括判断は「厳しい状況にあるものの、生産活動が上向くなど一部に持ち直しの動きがみられる」に据え置いた。据え置きは19年10〜12月期以来8期ぶり。個人消費や雇用情勢が足かせとなり、持ち直してきた景気が踊り場を迎える可能性もある。

地域別では、主要産業の観光の低迷で下方修正した沖縄を除き、10地域の財務局が判断を据え置いた。

2010.1.29 11:30 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100129/biz1001291130006-n1.htm

鉱工業生産指数:12月2.2%上昇 10カ月連続で上昇

経済産業省が29日発表した昨年12月の鉱工業生産指数 (05年=100、季節調整済み速報) は前月比2.2%上昇の89.9で、10カ月連続で前月を上回った。海外向けを中心に電子部品や機械部品の生産が増えているが、経産省は「生産の水準は引き続き低い」として、基調判断を「持ち直しの動きで推移している」に据え置いた。

2010年1月29日 11時13分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100129k0000e020048000c.html

米マイクロソフトの第2四半期は増益、ウィンドウズ7が寄与

米マイクロソフト (MSFT.O) が28日発表した第2・四半期 (10─12月) 決算は、基本ソフト (OS)「ウィンドウズ7」の好調な販売が寄与して60%増益となった。また、企業のハイテク支出について、今年から回復に向かうとの見通しを示した。

第2・四半期の純利益は67億ドル (1株当たり0.74ドル) で、前年同期の42億ドル (同0.47ドル) から増加。ウィンドウズ7の販売に関連した繰延収入などの特別項目を除く1株利益は0.60ドルとなり、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の0.59ドルとほぼ同じ。

2010年 01月 29日 10:34 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-13607720100129

米上院:バーナンキFRB議長の再任承認 出口戦略課題に

米上院本会議は28日、バーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB) 議長の再任を70対30の賛成多数で承認した。2期目の任期は2月からの4年。金融危機の深刻化を受けて導入した事実上のゼロ金利政策など、非常時の対応から脱却するための「出口戦略」が大きな課題になる。

バーナンキ議長は06年2月、グリーンスパン氏の後任としてブッシュ前大統領の指名で議長に就任した。07年夏の低所得者向け高金利住宅ローン (サブプライムローン) 問題に伴う金融危機発生直後から、金融緩和路線に転じ、金融危機が深刻化した後の08年12月には政策金利であるフェデラル・ファンド (FF) 金利の誘導目標を年0〜0.25%とし、事実上のゼロ金利政策に踏み切った。

2010年1月29日 10時30分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/life/money/news/20100129k0000e020029000c.html

軟調継続、欧米株安で海外勢のリスク許容度低下

<10:40>軟調継続、欧米株安で海外勢のリスク許容度低下
日経平均は軟調継続、1万0200円台で推移している。ハイテク、鉄鋼、海運がさえない。市場では「欧米株安で海外勢のリスク許容度が低下し、安心して日本株を買える状況ではなくなった。海外勢の買いがストップしたことで株価を下支えする投資主体がいない。流動性相場から業績相場への移行期であり、調整が一巡すれば改めて日本株が見直される局面もありそうだ」(大手証券情報担当者)という。

<10:15>日経平均は大幅安、持ち合い解消売りも
日経平均は大幅安。一時、200円近いマイナスとなった。市場では「対ユーロでも円高が進み、全面高の様相が重しとなっている。持ち合い解消売りが出て需給が悪化しているとみられるほか きょうのインド準備銀行金融政策決定会合での利上げ観測で、警戒感が強まっている」(みずほ証券投資情報部・マーケットアナリストの高橋幸男氏) との声が出ている。

2010年 01月 29日 10:38 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK037179420100129

新日鉄、インドでタタと合弁会社…自動車向け鋼板

新日本製鉄は28日、インド鉄鋼大手タタ・スチールと自動車向け高級鋼板の生産・販売を手がける合弁会社設立で合意したと発表した。現地で生産拡大が見込める日系自動車向けの鋼材需要を取り込む。

2010年1月29日 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20100129-OYT8T00369.htm

偽1万円札:青森と八戸の金融機関で新たに4枚 赤みがかり同一記番号 /青森

青森市内の商店で偽物とみられる1万円札が見つかった事件で、同市と八戸市の金融機関などで新たに偽1万円札計4枚が見つかったことが28日、県内の複数の金融機関などへの取材で分かった。

金融機関によると、八戸市の二つの支店で27日、偽1万円札2枚が確認された。紙幣は赤みがかっており、「HT794921S」の記番号が記されていた。

2010年1月29日 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/area/aomori/news/20100129ddlk02040082000c.html

米P&G:10-12月期利益は市場予想上回る、値下げが奏功

消費財最大手、米プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) の2009年10-12月 (第2四半期) 決算は利益がアナリスト予想を上回った。価格引き下げが販売量の増加に寄与した。

P&Gの発表資料によると第2四半期純利益は46億6000万ドル (1株当たり1.49ドル) と前年同期の50億ドル (同1.58ドル) から減少した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は同1.43ドルだった。

2010/01/29 02:02 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=atLWeqdJo7SU

大塚ホールディングスが今夏メドに上場へ、時価総額は1兆円規模=関係筋

大塚製薬や大塚食品を傘下に持つ大塚ホールディングス (東京都千代田区) が今年の夏をメドに株式を新規公開 (IPO) する準備を進めていることが分かった。

主幹事は野村証券。複数の関係筋が28日、ロイターに明らかにした。 時価総額は1兆円規模となる見通し。医薬品メーカーとしては、エーザイ (4523.T) に匹敵し、武田薬品工業 (4502.T)、アステラス製薬 (4503.T)、第一三共 (4568.T) に次ぐ規模となる。

4月に予定されている第一生命保険のIPOに続き、大型で知名度の高い企業の市場デビューとなる。

2010年01月28日 14:51 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/marketEyeNews/idJPnTK037188220100128

外為10時 円、89円台後半でもみ合い 対ユーロは9カ月ぶり高値

29日午前の東京外国為替市場で、円相場は1ドル=89円台後半でもみ合い。10時時点は前日17時時点に比べ67銭の円高・ドル安の89円75〜78銭近辺で推移している。米経済指標が市場予想を下回ったことや、欧州圏の財政問題が意識され、投資家のリスク回避姿勢が強まった。

円はユーロを中心としたクロス円取引 (ドル以外の通貨に対する円の取引) で大幅に上昇し、対ドルでも円買いが優勢となっている。10時前の中値決済について月末ということもあり「ややドルが不足だった」(国内銀行) との観測が出ていたため、円の上値は抑えられた。

10.1.29 10:24/ 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100129m2ASS0IMF03290110.html
 
 
 
<
フォーランドフォレックス