10年2月9日 ヘッドライン / 総合ニュース|サイバーエージェントFX:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年2月9日のニュースからのヘッドライン・ピックアップです。

トヨタ:新型プリウス19万台リコール…午後に届け出へ

ハイブリッド車 (HV) の新型「プリウス」のブレーキが一時的に利きにくくなる問題で、トヨタ自動車は9日午後、1月までに生産したプリウス約19万台のリコール (回収・無償修理) を国土交通省に届け出る。同じブレーキシステムのセダン型HV「SAI (サイ)」とレクサスHV「HS250h」、昨年末からリース販売しているプラグインタイプのプリウスも同時にリコールする。

新型プリウスは海外60カ国・地域で約15万台を販売。うち米国の約10万台は近く現地でリコールし、他の国や地域でもリコールなどの無償改修を始める意向だ。トヨタによると、ブレーキの瞬間的な作動・解除を電子制御しているABS (アンチロック・ブレーキ・システム) が、ブレーキが利かなくなったような違和感を持たせる設定だったという。

2010年2月9日 11時32分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100209k0000e040037000c.html

8日の米株式市場、ダウ平均は1万ドル台割り込んで引ける

8日の米株式市場では金融銘柄の下げを受けて、ダウ工業株30種平均は3カ月ぶりに1万ドル台を割り込んで引けた。世界経済と米金利政策をめぐる懸念が再燃したことが背景だった。

ダウ平均は前週末比103.84ドル (1%) 安の9908.39ドルと、日中の安値付近で引けた。引けにかけて売りが殺到した。ダウ平均構成銘柄の銀行大手バンク・オブ・アメリカ (BOA) は3.5%安、クレジットカート大手のアメリカン・エクスプレスは2.8%下落、保険のトラベラーズは2.5%下げた。銀行のJPモルガン・チェースも1.6%安と、売りに押された。

2010年2月9日 8:51 JST / ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版

http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Stock-Markets/node_30877

外為早朝 円、3日続伸し89円台前半 NY終値からは横ばい

9日早朝の東京外国為替市場で円相場は3日続伸して始まった。8時30分時点では前日の東京市場17時時点と比べ19銭の円高・ドル安の1ドル=89円20〜23銭近辺で推移している。

ギリシャをはじめ欧州諸国の財政悪化を意識してクロス円取引 (ドル以外の通貨に対する円の取引) で円買い・ユーロ売りが目立ち、波及する形で円がドルに対しても買いが先行している。早朝時間帯は動意が薄く、水準は8日のニューヨークの終値から横ばいにとどまっている。

10.2.9 09:16 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100209m2ASS0IMF01090210.html

スペイン:10年の純ベース国債発行高は768億ユーロ-前年から34%減

スペイン財務省は、2010年の国債発行高 (借り換えを除いた純額ベース) が前年比で34%減少すると発表した。スペイン債のリスクプレミアム (上乗せ金利) は年初から約2倍に拡大している。

2010/02/09 00:21 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aZZTic1CnnUw

JVCケンウッドが統合以来の決算訂正へ、日本ビクターの不適切会計で

JVC・ケンウッド・ホールディングス (6632.T) は8日、日本ビクターに不適切会計があったとし、2008年10月の同社発足にさかのぼって過去の決算の訂正を行うと正式に発表した。

同社は、2009年4―12月期決算発表を延期しており、四半期報告書の提出が2月15日までに間に合わなくなったため、東京証券取引所は同社株を8日付で監理銘柄に指定した。四半期報告書を提出するまで指定される。

2010年 02月 8日 21:32 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13781820100208

経団連:事務総長が副会長に–34年ぶり

日本経団連は8日、新しい副会長に、中村芳夫・経団連事務総長 (67) ら4人を起用すると発表した。

事務局トップの事務総長から副会長になるのは、旧経団連の名物事務総長だった故・花村仁八郎 (にはちろう) 氏以来34年ぶり、4人目。

2010年2月9日 / ロイター

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100209ddm008020018000c.html

アサヒビール社長に泉谷氏

アサヒビールは8日、3月26日付で荻田伍社長 (68) が代表権のある会長に就き、後任の社長に泉谷直木専務 (61) が昇格する人事を発表した。泉谷氏は、経営企画部長などを歴任し、酒類本部長として営業の責任者を務めた経験もある。幅広い業務に精通している。

東京都内での記者会見で荻田社長は、泉谷氏を後任に選んだ理由について、「ビール事業を柱とした総合飲料戦略を推し進め、国内外でのM&A (合併・買収) を強化するのに適任だと判断した」と説明した。

また、泉谷氏は、「経営環境の変化は想像以上に速く、スピード感を持った経営を行う」と意気込みを述べた。

2010年2月9日 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/jinji/20100209-OYT8T00398.htm

郵政改革:素案公表 政府与党の集約難航 出資比率・貯金限度、担当相「来月に決断」

政府が8日公表した「郵政改革素案」では、郵政事業の将来像を左右する政府、親会社の出資比率や、ゆうちょ銀行の貯金限度額 (1人1000万円) の引き上げの判断を見送った。

亀井静香金融・郵政担当相は「各方面から意見を聞いたうえで3月の法案提出直前に決断する」と慎重姿勢。金融業界からの「民業圧迫」批判や政府与党内での意見対立があり、難しい判断を迫られている。

この日の会見で大塚耕平副内閣相は「日本郵政グループは今後業績が厳しくなる」との見通しを示した。じり貧のグループに全国一律サービスをいかに安定的に担わせるかが、郵政改革の最大のテーマになっている。

2010年2月9日 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100209ddm008010072000c.html

人民元、9日基準値は6.8271元 前日基準値比で小幅上昇

中国人民銀行 (中央銀行) は9日、中国外国為替市場での人民元レートの基準値となる「中間値」を1米ドル=6.8271元と発表した。

前日の基準値 (6.8273元) と比べると0.0002元の元高・米ドル安水準。

10.2.9 10:28 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100209m2ASFL09033090210.html

新興市場前引け、3指数が続落 リスク回避続く、ネットやテーマ株軟調

9日午前の新興企業向け株式市場で主要3指数が続落。日経ジャスダック平均株価は4日続落し、前引けは前日比4円70銭安の1190円46銭だった。

東証マザーズ指数と大証ヘラクレス指数はそれぞれ5日続落、3日続落した。欧州地域での財政悪化懸念が続くほか、前日の米株式相場も軟調となった流れを受けて、リスク回避の動きが続いている。サイバーなど新興市場で主力と位置付けられるネット関連のほか、ザインなど話題性の強さから買われていた銘柄にも売りが続いている。

2/9 11:34 / 日本経済新聞

http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/summary.aspx?id=ASS0ISST1%2009022010
 
 
 
<
フォーランドフォレックス