10年2月10日 ヘッドライン / 総合ニュース|サイバーエージェントFX:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年2月10日のニュースからのヘッドライン・ピックアップです。

ホンダ:米で「アコード」などエアバッグ欠陥でリコール

米国ホンダは9日、08年から09年にかけてリコール (回収・無償修理) を実施したエアバッグの欠陥問題で、主力車種の「アコード」や「シビック」など約42万台を米国とカナダで追加リコールする、と発表した。同じエアバッグの欠陥問題でのホンダのリコール台数は、今回のリコール分を加えると北米で計約86万8000台に達する。

米国ホンダによると、欠陥の見つかった車種は、運転席のエアバッグが膨らむ際、膨張装置の圧力が強すぎるために装置の入った容器が破損し、その破片が飛び散り運転手にけがをさせる恐れがあるという。米国内では死亡事故1件を含む人身事故12件が報告されている。

2010年2月10日 10時54分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100210k0000e020028000c.html

外為10時 円、一時90円02銭前後まで下落 中値決済はややドル不足

10日午前の東京外国為替市場で円相場はじり安となり、1ドル=90円近辺で推移している。10時時点では前日17時時点に比べ35銭円安・ドル高の1ドル=89円89〜92銭近辺だった。

前日の海外市場でドイツ政府を中心に欧州当局がギリシャに対して支援策をまとめるとの見方が広がり、ユーロの買い戻しが強まった。

10.2.10 10:19 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100210m2ASS0IMF03100210.html

機械受注統計:民需が3カ月ぶりプラス 設備投資に明るさ

内閣府が10日発表した昨年12月の機械受注統計 (季節調整値) によると、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」は、前月比20.1%増の7512億円となり、3カ月ぶりにプラスになった。伸び率は、87年4月の現行統計開始以降で過去3番目。

ただ、08年秋のリーマン・ショック後の設備投資の落ち込みを反映して、09年は前年比26.9%減の8兆4762億円と、87年以降で減少率と総額ともに過去最悪だった。

2010年2月10日 11時10分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/today/news/20100210k0000e020036000c.html

1月の企業物価、前年比2.1%低下 下げ幅は縮小

日銀が10日発表した1月の国内企業物価指数 (2005年平均=100、速報値) は102.4となり、前年に比べて2.1%低下した。

13カ月連続で低下したが、下落幅は5カ月連続で縮小した。新興国の経済成長で石油や金属などの原材料の価格が上昇しつつある一方、国内需要は低迷しており、物価の低下圧力はなお強い。

10.2.10 11:05 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100210ATGC1000810022010.html

米FRB議長、議会証言で出口戦略を説明へ

バーナンキ米連邦準備理事会 (FRB) 議長は、10日発表の議会証言原稿で、危機時の金融政策を平時に戻す出口戦略の概要を説明する見通し。

10日に予定されていた議会証言は、大雪のため延期されたが、証言原稿は予定通り米東部時間10日午前10時 (日本時間11日午前零時) に公表する。FRBは2008年12月に政策金利をゼロ付近に引き下げ、様々な新制度や証券買い入れを通じて、市場に流動性を供給してきた。

2010年 02月 10日 10:43 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK862371120100210

NY株:2営業日ぶりに1万ドルの大台を回復

9日のニューヨーク株式市場は、ギリシャなど欧州の財政不安が和らいだことなどを受けて急反発、ダウ工業株30種平均は、前日終値比150.25ドル高の1万58.64ドルと、2営業日ぶりに1万ドルの大台を回復して取引を終えた。

1日の上昇幅としては1月4日以来の大きさだった。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も反発、終値は同24.82ポイント高の2150.87となった。

2010年2月10日 11時07分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/life/today/news/20100210k0000e020034000c.html

日航・アメリカン、提携維持 米独禁法 除外申請へ

会社更生法の適用を受け再建中の日本航空は9日、米デルタ航空との提携交渉を打ち切り、米アメリカン航空との提携を維持すると正式に発表した。

日米を結ぶ太平洋路線で共同事業化を進めるため、今月中旬に日航とアメリカンは米独占禁止法の適用除外 (ATI) を米政府に申請する。同日、稲盛和夫会長や企業再生支援機構首脳らによる管財人会で全会一致で決定し、午後に米デルタ航空に対して提携交渉の打ち切りを通告した。

2010年2月10日 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100210-OYT8T00414.htm

ユーロ1.3785ドル付近、市場期待でEUのギリシャ対応ハードル高い

<10:56> ユーロ1.3785ドル付近、市場期待でEUのギリシャ対応ハードル高い

ユーロ/ドルは1.3785ドル付近でもみあい継続。「ギリシャ救済観測で海外市場ではユーロのショートカバーが入ったが、ショートポジションの規模を考えればユーロの上昇は迫力不足。市場はギリシャ救済に半信半疑だ」(国内金融機関) との声が多い。

一方で「救済期待が出てしまったことも事実。もし11日のEU首脳会議でギリシャ救済を打ち出せなければ、ユーロは叩き売られる」(別の国内金融機関) という。ポルトガルなど他国も巻き込んでCDSスプレッドがさらに拡大する可能性もあり、市場の期待感がギリシャ対応に関するEUのハードルを上げているという。

2010年 02月 10日 10:58 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK037667820100210

東芝:フラッシュ増産計画、詳細は未定-年内には時期決定

東芝が三重県四日市のNAND型フラッシュメモリー工場の新棟建設を再開し、2010年度から3年間で計約8000億円を投資するとの10日付日本経済新聞朝刊の報道について、同社広報担当の新庄憲氏は「増産計画については今年中に着工時期を決める予定だが、投資額や時期などは未定」とコメントした。

2010/02/10 10:17 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=anhKq9Uuatv4

欧州議会が閣僚承認 「第2次バローゾ政権」発足

欧州議会は9日、ストラスブールで本会議を開き、欧州連合 (EU) の執行機関である欧州委員会の「閣僚」に相当する26人の欧州委員を承認した。ポルトガル出身のバローゾ欧州委員長が率いる「第2次バローゾ政権」が誕生し、新欧州委員は10日から執務を開始する。

欧州委員の任期は5年。EU競争法 (独占禁止法) を運用する競争政策担当はアルムニア氏(スペイン)、経済・通貨担当はレーン氏 (フィンランド)、通商担当はデフフト氏 (ベルギー) がそれぞれ就任。金融規制を立案する域内市場・サービスはバルニエ氏 (フランス) が担当する。

10.2.10 07:00 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100210ATGM0505A09022010.html

人民元の対ドル基準値、1ドル6.8269元=中国人民銀行

中国人民銀行 (中央銀行) は10日の人民元CNY=CFXSCNY=SAECの基準値を1ドル=6.8269元と発表した。前営業日の基準値は6.8271元、市場終値は6.8267元だった。

人民元の1日の許容変動幅は基準値の上下0.5%。しかし、切り上げ以降の変動は総じて許容幅より狭いレンジにとどまっている。

2010年 02月 10日 10:16 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK862365920100210
 
 
 
<
フォーランドフォレックス