他の投資商品との違い:CFD取引比較 - 資産運用.net

CFD取引を賢く比較 -資産運用.net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

他の投資商品との違い

他の投資商品との違い

CFD取引と他の投資商品の違いを現物株取引と先物・信用取引を例に挙げて解説します。

CFD取引と現物株取引との違い

現物の株式取引は、差金決済が法令で禁止されています。
CFD取引は差金決済取引なので、問題なく取引することができます。全ての現物株式がCFD取引できるわけではありませんが、主要銘柄を含めた多くの銘柄を取引することができます。また証拠金取引なので、少額の資金で取引が可能。株の保有時に受け取れる配当金についても、該当銘柄の配当落ち日前日から配当落ち日にを持ち越した場合にロングポジションであればCFD取引でも受け取ることができます。ショートポジションの場合は、支払わなければなりません。

CFD取引と先物・信用取引との違い

「売り」からも始められるという点では同じですが、先物取引や信用取引はもともと期限があります。しかし、CFD取引は期限がないので、決済まで保有し続ける(ポジションを持ち続ける)ことが可能です。また、信用取引のように貸し株料や逆日歩といったコストがCFD取引においてはかかりません。

 
CFD取引取扱い会社
 
 
 
IGマーケッツ証券
 
CFD比較 CFD会社を選ぶポイント