商品先物取引(CX)会社を完全比較-資産運用.net

商品先物CX比較-資産運用.net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

商品先物取引(CX)

厳選掲載!商品先物取引(CX)を初心者の方にもわかりやく解説。
会社の規模や信頼度、比較的少額で取引できる「金ミニ」の手数料を紹介。

初心者の方を徹底指南

商品先物業界は各社の手数料が大きく違います。会社の信頼度と手数料が重要。

「金ミニ」を比べる

金ミニは従来のトレード単位の1/10でトレード可能!証拠金は1.8万円と少額から始められ初心者に人気!

会社の信頼度が重要

高い信頼度!東証1部やヘラクレスなどへ上場している安心感の強い商品先物取引(CX)企業を紹介

手数料を削減

トレードコストをできるだけ減らしたい方は、手数料が安い商品先物取引(CX)企業を選ぶのが近道!

 
注目情報

「金取引」の1/10の売買単位

個人投資家に話題の商品先物「金ミニ」!
金のトレードは1kgの売買単位ですが、「金ミニ」は100gとなります。
それにより、およそ13万円の証拠金が必要ですが、「金ミニ」は
1.8万円にて売買可能です。(2008年6月現在)
必要となる証拠金が少なく、気軽に売買できるので、
初心者の方には特におすすめ!

 

新着情報

更新: キャンペーン情報で比較
2010-02-02
お得なキャンペーン情報を徹底比較
資料請求、口座開設申込みで嬉しい特典情報が満載!商品先物取引(CX)会社のキャンペーン情報を比較。各先物取扱会社が行っている、お得なキャンペーン情報を比較できます。
手数料の割引やキャッシュバック、嬉しい景品プレゼント等、各社様々な楽しいキャンペーンを行っています。商品先物を始めるなら、キャンペーンを上手に活用してちょっとお得な気分で!
→更新されたページはこちら
更新: 人気ランキング
2009-11-17
商品先物取引(CX)会社の人気ランキングを紹介!初心者の方は特に必見です。
商品先物取引扱会社を選ぶ際には、一番重要なのは、取扱会社と自分のスタイルがあっているかを見極める必要があります。商品先物取扱会社は、いろんな機能や価格面(手数料、商品数、注文機能、サポート)など強化を図っているので、じっくりと検討してみてください。人気ランキングを参考に自分に合った商品先物取扱会社を探してみよう!!
→更新されたページはこちら
 

商品先物取引(CX)が初めての方へ

基礎から売買の流れ、口座開設までを解説!

商品先物取引 (CX) とは、鉱工業の材料や農産物などの商品を取り扱う売買です。もともとは将来の価格変動リスクを管理する為の手段として用いられていたトレードなのですが、日本では投資の為のトレードとして、昔から個人投資家に人気の高い投資手段です。
近年のIT技術の発達により、このCXもインターネット上でトレード可能となり、また2005年の委託手数料自由化という法改正以降各社の方針も顧客寄りになり、今まで以上に個人投資家が参入し易くなった投資手段です。

商品先物取引 (CX) 入門

商品先物取引 (CX) に必要な基本を解説!

商品先物取引 (CX) とは、金やアルミニウム、ガソリンや大豆等といった商品を、売買する価格と時期をあらかじめ取り決めて行う先物取引です。前述の様な鉱工業の材料、農産物などの商品は、需要と供給のバランスによって日々値段が変動します。この値段の変動を予想してトレードを行い、差額を得るのがCXの基本となります。
実際に物の受け渡しをする訳ではないので、値段が上がると予想した場合は「買い」、値段が下がると予想した場合は「売り」から売買に参加し、期間内に反対売買 (買いから参加したら売り注文を出し、売りから参加したならば買い注文を出すこと) を行います。

→さらに詳しい解説はこちら

取引のしくみ

商品先物取引 (CX) のしくみを解説。

商品先物取引 (CX) は元々、価格変動リスクを管理する為に行われるものです。物の価格は大小に関わらず常に変動しているのですが、予め期日を決め購入・売却の価格を決めておくことで、生産者と消費者が安心して・計画を立ててトレードすることができます。
転売や買戻しによる差額を受払いすることができるので、それを利用し資産運用を目的とした投資を行うことができます。前述の様に商品と代金の受取日を決めて行う先物取引ですが、この受取日以前であれば、いつでもその時点の価格で売買ができます。それにより、「買い」ないし「売り」の契約を解消して、差額を受け払いすることができます。

→さらに詳しい解説はこちら

利益を得るしくみ

商品先物取引 (CX) で利益を出すには?

商品先物取引 (CX) で利益を得るしくみの基本は単純ですが、「買い」と「売り」という2つの始め方があります。例えば、金1kgの価格が1,000円の相場から参加した場合を考えてみましょう。この価格が700円に下がると、買いの場合差額分である300円が「損害」に、売りの場合は差額分の300円が「利益」になります。そして、この価格が1,500円に上がった場合、買いであれば差額分500円が「利益」に、売りの場合は「損害」になるという訳です。
自分の利益があがるタイミングで反対売買を行えば良いと思われるかも知れませんが、売買の対象となっている商品によって売り買いできる期限が半年〜一年程度という具合に決まっているので注意が必要です。もしこのトレード期限内に決済しなかった場合、商品を購入もしくは引き渡すことが必要になります。

→さらに詳しい解説はこちら

口座開設の流れ

一般的な口座開設までの流れを紹介。

ここでは一般的な口座開設の流れをご紹介。CXによる投資を始めるには、先物取扱会社にトレード用口座を開設する必要があります。会社によって具体的な解説の流れは異なりますが、一般的な流れを把握しておくことで安心してスムーズに口座を開設できますね。
また、当サイトに掲載している会社は、基本的に全てオンラインで無料の資料請求・口座開設を行う事ができます。比較情報やランキング等も掲載しておりますので、それらを利用し是非最適なCX会社を見つけて下さい!

→さらに詳しい解説はこちら

会社の選び方

商品先物 (CX) 会社を選ぶポイントを解説!

ここでは商品先物会社を選ぶ際のポイントについてご紹介。商品先物取引というと、昔は少しネガティブなイメージが先行していましたが、インターネットトレードの普及と2005年に行われた委託手数料自由化という法改正以後、その様子は随分と変わってきました。各先物取扱会社の方針が顧客重視のものへと変わり、健全化しているという状態です。
選び方のポイントとしては、大きく分けて4つ。まずは手数料等のコスト面、取引に関するサポート体制、トレードツールの使い易さやレスポンス等のシステム体制、そして取引に使われる証拠金の保全・管理体制になります。

→さらに詳しい解説はこちら

 
エース交易
コモディティトレード取扱企業 掲載一覧

商品先物取引(CX)掲載一覧