投資信託入門:投資信託を完全比較-資産運用.net

投資信託比較-資産運用.net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

投資信託入門

投資信託をこれから始めるために必要な基本を解説。

投資信託とは、お客さまから集めたお金を投資信託会社(運用会社)が大きくひとつにまとめ、日本や世界の株式・債券などに幅広く投資し、その運用成果をお客さまの持ち分に応じて還元するしくみの商品です。市場で運用する商品ですので、ご購入されたファンドの内容やご購入のタイミングなどによって、お受取額が大きく変動する可能性があります。

では、今流行の投資信託のメリットとは、なんでしょう。

幅広い銘柄に分散投資するので、リスクの低減を図りながら高い収益が期待できます。

もし1つの銘柄だけに投資していたとすると、その銘柄が値下がりした場合、その影響をまともに受けてしまいます。リスクを減らしつつリターンを求めるには、複数の銘柄に資金を分けて運用(分散投資)する必要があります。分散投資をすることによって、そのうちの1つが値下がりしても全体に及ぼす影響を小さく抑えることができるのです。

専門的知識を持った運用のプロがお客さまに代わって運用します。

一口に分散投資と言っても、まとまった額の資金と、投資対象や売買のタイミングを見きわめる専門的知識が必要とされます。その点「投資信託」は、投資信託会社がお客さまに代わって、高度な市場分析により分散投資を行い、さらに市場の状況に応じて、投資先も随時入れ替えていきます。

多くのお客さまの資金をまとめて運用するので、一人のお客さまにとって少ない金額で購入できます。

株式の場合、一般的に1銘柄につき1千株単位でしか取引できないため、購入にはまとまったお金が必要になります。ところが投資信託の場合、1つのファンドを数多くのお客さまに販売し、大きな資金にまとめて運用しますので、ひとりのお客さまは、一般的に1万円以上といった小口のお金で購入することができます。

もちろん、メリットだけでなく、デメリットもありますが、専門的知識を持ったプロが運用をしますので、一般的には、低リスクな投資方法として現在、認知されているようです。

 
投資信託取り扱い会社
 
 
 
フィデリティ
 
 
 
 
初心者の方へ