マネックス証券‖ノーロードファンド:投資信託比較-資産運用.net

投資信託比較-資産運用.net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

【マネックス証券】ノーロードファンド特集

特集!ノーロードファンドを扱う注目の証券会社「マネックス証券」

1万円程度から始められる人気の投資信託。その中でも今話題のノーロードファンドについて紹介。

ノーロードファンドとは、一言でいうと申込手数料(買付け手数料や販売手数料ともいう)が無料の投資信託のこと。つまり投資家が負担するコストが減るということです。
投資信託にかかるコストの例をあげてみましょう。

申し込み手数料

投資家が投資信託を購入する際に支払うコスト。一般的に基準価額×1-3%程度

信託報酬

投信会社、受託銀行、販売会社への報酬。投資信託保有中に日々一定の割合で控除されます。

信託財産留保額

投資家がファンドを途中解約する際に支払うペナルティコスト。解約する人と引き続き保有している投資家の公平性を図るために徴収されます。一般的に基準価額の0.3-1%程度。0円もある。

換金手数料

換金時の手数料。ファンドにより手数料がかかる場合もあります。
*上記コストはファンドや販売会社により、異なる場合があります。

投資家の視点から見ると、申込手数料、信託財産留保額、換金手数料は直接的なコスト。信託報酬は間接的なコストとなります。基本的なコストは申込手数料と信託報酬と覚えておきましょう。
上記に記載した通り、通常の投資信託では商品買付け時におよそ基準価額×1-3%を負担しなければなりませんが、ノーロードファンドはこの「申込手数料」が無料!投資をする際にコストはできるだけ減らして、投資をすることは基本ですよね。よりコストをかけずに資産運用をしたい方には特におすすめのファンドです。

現在各ネット証券会社でノーロードファンドの取扱が増えていますが、ノーロードファンドを始めようとしている方におすすめな証券会社がマネックス証券!
投資信託販売実績がネット専業の証券会社の中でNo1の実績を誇ります。ノーロードファンドの取扱本数も約90本と充実。他の証券会社では扱っていないマネックス証券専用ファンドもあり、お客様へ多彩な商品・サービスを提供しています。特に「投資信託が初めて」というお客様に高い支持を受けているのも納得です。

→ マネックス証券のホームページはこちら

 
フィデリティ
 
 
 
 
初心者の方へ