大証FXとは:FX会社を比較-資産運用.net

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

大証FXとは

大証FXとは、「大阪証券取引所の取引所外国為替証拠金取引」のことです

「大証FX」とは、大阪証券取引所の取引所外国為替証拠金取引の愛称です。
取引所を介して外為FXができるという点で、「大証FX」と東京証券取引所の「くりっく365」は共通している点があります。その他共通している点として、証拠金の取引所への預託、一律20%の申告分離課税による税制優遇、損失の3年間繰越控除、証券先物・商品先物との損益通算などがあります。
また、取引所を介すため、高い透明性のもとで外為FXをすることができます。

「大証FX」と「くりっく365」の違いは?

では、共通点が多い「大証FX」と「くりっく365」の違いは何でしょうか?
企業独自のサービス(手数料など)以外では、主に下記の点が異なります。

1.価格決定方式

「大証FX」の価格決定の方式はオークション方式とマーケットメイカー制度が混在しています。そのため、マーケットメイカー以外 (投資家同士) の注文も約定することもあるため、約定の可能性が高くなります。
オークション方式とは、買い注文と売り注文を一つに集めて、注文同士を約定させる方式のことで、株取引や日経225先物などと同様の方式のため多くの投資家に馴染まれている方法です。また、マーケットメイカー制度は、マーケットメイカーとして機能する金融機関が売り買いの気配レートを提示し、売買の値をつける方法のことです。
「大証FX」では、この2つの方式を取り入れて、より価格決定プロセスの透明性を確保しつつ、株式取引に馴染んでいる方にもわかりやすい価格決定方式となっています。
なお、「くりっく365」は、6社によるマーケットメイカーでレートを提示しており、基本的に全量約定となります。

大証FX⇒オークション方式+マーケットメイカー制度
くりっく365⇒マーケットメイカー制度


2.通貨ペア数

「大証FX」の通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円などメジャー通貨を含めた9通貨ペアの取引が可能です。
一方、「くりっく365」はメジャー通貨のほか、南アフリカランド、香港ドル、ノルウェークローネなど23通貨ペアの取引ができます。
なお、取引通貨単位は、「大証FX」と「くりっく365」両方で扱っているメジャー通貨は1万通貨と同じです。

大証FX⇒9通貨ペア
くりっく365⇒23通貨ペア


また、「大証FX」のレート画面は、従来のFXにはない、「板画面」表示です。売り気配・買い気配8本ずつの合計16本の気配値とそれぞれの値段の注文数量や,インターバンク市場の実勢値の目安となるマーケットメイカーの売り・買いの最良気配値などの相場情報を公表。投資家は、豊富な情報を含む取引板を確認しながら、「大証FX」の取引が可能になります。

各外為FX取引の特徴比較

「大証FX」と「くりっく365」、そして「FX」をわかりやすく比較した表を掲載します。
「大証FX」が現在の外為FXの人気を、更に盛り上げてくれること間違いなし!?

  大証FX くりっく365 FX (非取引所取引)
取引所 大阪証券取引所 東京証券取引所 なし (相対取引)
参加企業数 6社 *7/21現在 16社 200社以上
マーケットメイカー 2社 6社 複数 (企業により異なる)
証拠金保護 大阪証券取引所 東京証券取引所 信託銀行への信託
(企業により異なる)
約定のしくみ オークション方式+
マーケットメイカー
(部分約定あり)
マーケットメイカー
(原則、全量約定)
企業により異なる
取引通貨ペア数 9通貨 23通貨ペア 10〜100通貨ペア以上
(企業により異なる)
取引単位 10,000通貨単位 1,000または10,000通貨単位
(通貨ペアにより異なる)
100、1,000または10,000通貨単位
(企業、通過ペアにより異なる)
取引日 土日を除く毎日
取引時間 ほぼ24時間
税制 申告分離課税・税率は一律20%・損失の3年間繰越控除
証券先物・商品先物との損益通算
総合課税、税率は0〜50%
(所得により異なる)
 
外為オンライン
 
 
初心者の方へ