09年12月24日 ヘッドラインピックアップ / 総合ニュース|FXトレーディングシステムズ:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2009年12月24日のニュースからのピックアップです。

大企業景況判断が再び悪化、円高・デフレ・需要減が影響

財務省と内閣府が24日発表した10―12月期法人企業景気予測調査によると、企業の景況感を示す景況判断指数 (BSI) は、大企業全産業でマイナス1.9となり、前四半期 (7─9月期) のプラス0.3から再びマイナスに転じた。

1─3月期もマイナス幅が拡大、4─6月期にプラス0.1とわずかに「上昇」超過に転じる見通しとなった。国内需要の弱さや販売価格の低下に加えて、調査時期がちょうど円高が進んでいた時期に当たっていたことも影響したと見られる。

2009年 12月 24日 10:21 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13088020091224

東京円、7営業日続落で取引開始

休日明けの24日の東京外国為替市場の円相場は7日続落で始まり、午前9時現在、前営業日 (午後5時) 比48銭円安・ドル高の1ドル=91円65~66銭で取引されている。

中古住宅販売件数など、米国の経済指標が市場予想を上回るペースで好転していることから、米景気の先行きに期待感が膨らんでいる。米長期金利の上昇などを受けて、円売り・ドル買いが先行している。

2009年12月24日10時19分 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091224-OYT1T00277.htm

人民元の対ドル基準値、1ドル6.8285元=中国人民銀行

中国人民銀行 (中央銀行) は24日の人民元CNY=CFXSCNY=SAECの基準値を1ドル=6.8285元と発表した。

前営業日の基準値は6.8287元、市場終値は6.8284元だった。

2009年 12月 24日 10:25 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK855979420091224

米原油先物が一時77ドル突破、原油在庫の大幅減やドル安で

23日のニューヨーク・マーカンタイル取引所 (NYMEX) で米原油先物が、米週間原油在庫が予想以上に減少したことやドル安を受けて上昇。一時、12月4日以来の1バレル=77ドルを上回った。

米原油先物2月限は前日比2.27ドル (3.05%) 高の76.67ドルで取引を終えた。

2009年 12月 24日 08:32 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13085420091223

ドル下落、弱い住宅指標や利食い売りで=NY市場

23日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで5営業ぶりに反落。

11月の新築1戸建て住宅販売戸数が7カ月ぶりの低水準となったことを受け、国内経済に対する楽観的な見方が後退した。10月の数字も下方修正された。前日発表の11月の中古住宅販売戸数は7.4%増加し、打撃を受けていた住宅市場が安定化しつつあるとの期待が強まっていた。

2009年 12月 24日 08:06 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13085820091223

米ウェルズが公的資金完済 シティは200億ドル分

米金融大手ウェルズ・ファーゴは23日、米政府から投入された公的資金250億ドル (約2兆3千億円) を完済した、と発表した。

また同業のシティグループも公的資金450億ドルのうち、200億ドル分の返済を終えたと発表した。米金融大手6社のうち、シティを除く5社が返済を終えた。

2009.12.24 09:51 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091224/fnc0912240952006-n1.htm

経済実質成長率、3年ぶりプラスの1%台半ば

政府は23日、2010年度の政府経済見通しで、物価の変動を除いた実質成長率を1%台半ばとする方針を固めた。

2009年12月24日03時52分 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091224-OYT1T00042.htm

米住宅販売: 新築、前月比11%減に–11月

米商務省が23日発表した11月の新築一戸建て住宅販売件数は、季節調整後の年換算で前月比11・3%減の35万5000戸と大幅に減少し、4月 (34万5000戸) 以来7カ月ぶりの水準に落ち込んだ。

前月比での減少は2カ月ぶりで、住宅市場の回復力の弱さを印象づけた。

2009年12月24日 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/world/news/20091224ddm008020029000c.html

【米国債市場概況】下落、年末の入札予定が重しに

ニューヨーク (ダウ・ジョーンズ) 23日の米国債市場では、朝方に上昇したが、午後には売り相場に転じ、やや下落して取引を終えた。

投資家の目は、ほとんど参加者のいない年内最終週の米国債市場で行われる総額1,180億ドルの米国債入札に転じた。24日の米国債市場は短縮取引となり、25日はクリスマス休暇のため休場となるなか、取引は先細りしている。

過去1週間にわたり大幅に下落した米国債相場は、低調な入札結果を受けて価格がさらに下落 (利回りは上昇) する可能性がある。クリスマス休暇期間の薄商いが値動きを増幅させるなかで、指標銘柄の10年債利回りは今月初め以降55bp上昇した。

2009.12.24 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djDFT2294.html
 
 
 
フォーランドフォレックス