10年1月25日 ヘッドラインピックアップ / 総合ニュース|FXトレーディングシステムズ:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年1月25日のニュースからのピックアップです。

東証前引け、続落 米株安・円高基調を嫌気、1万500円下回る

25日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落。前引けは前週末比127円43銭 (1.20%) 安の1万0463円12銭だった。1万0500円を下回るのは12月25日以来。

米オバマ政権が打ち出した新たな金融規制案が引き続き嫌気され前週末22日の米株式相場が大幅安となったほか、外国為替市場で円相場が1ドル=90円ちょうど前後で高止まりしていることを受け、ソニーやトヨタなど主力の輸出関連株に売りが広がった。国内政治動向を見極めたいとの雰囲気も買い手控えにつながった。日経平均の下げ幅は170円を超える場面もあった。

10.1.25 11:30 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100125m1ASS0ISS13250110.html

09年の訪日外国人、18.7%減の679万人 23年ぶり2ケタ減

日本政府観光局が25日発表した2009年1~12月の訪日外国人数は、前年比18.7%減の679万人だった。訪日外国人数が減少するのは03年以来6年ぶり。減少率が2ケタとなるのは、プラザ合意後の円高が響いた1986年以来、23年ぶりとなる。

08年秋のリーマン・ショック後の世界的不況や円高、新型インフルエンザの流行の影響を大きく受けた。

10.1.25 11:53 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100125ATFS2500725012010.html

VW・スズキ連合、”トヨタ超え” 09年の世界販売860万台

包括提携した独フォルクスワーゲン (VW)・スズキ連合の2009年の世界販売台数が合計で約860万台となり、世界トップのトヨタ自動車を上回ったことが25日、分かった。

同日、スズキが発表した販売台数は前年比2%減の230万8000台。すでに発表しているVWは1%増の629万台だった。

2010.1.25 11:18 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100125/biz1001251119004-n1.htm

FRB議長の再任、上院承認の確率は94%=予測市場

政治事象などの将来予測で先物取引を行う電子市場「イントレード」が24日明らかにしたところによると、米上院がバーナンキ連邦準備理事会 (FRB) 議長の再任を承認する確率は94%と予測されている。

民主党上院議員2人が新たに反対を表明した22日時点では80%の確率とみられていた。

2010年 01月 25日 11:16 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-13492520100125

シャープ、欧州企業と協業で太陽光発電事業を展開

シャープは、イタリア最大の電力会社エネル系の再生可能エネルギー事業会社であるエネル・グリーン・パワー (EGP)、および欧州を代表する半導体企業のSTマイクロエレクトロニクス (STM) と共同で欧州で展開する太陽光発電事業に関する事業発表会をローマで開催した。3社は協業について既に正式調印している。

2010年01月25日 / nikkei BPnet

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20100125/103041/

クラリオン (6796) は昨年来高値を更新 「次世代カーナビ開発、来年初めに市場投入」報道で収益基盤拡大に期待感

接近する車や人を察知して、画面で知らせたり死角領域を表示できたりする次世代カーナビゲーションシステムを開発したと報じられたことが手掛かり材料に。3日続伸し、昨年来高値を更新している。

2010年1月25日 10時05分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20100125194818.html

UPDATE:米ウォルマート傘下のサムズ・クラブ、1万1000人削減へ

小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズは24日、傘下の会員制倉庫型店舗サムズ・クラブの従業員約1万1000人を削減する方針を明らかにした。このうち1万人 (サムズの従業員の約9%) は商品実演に当たっているスタッフで、大半がパートタイム従業員。1200人は新規会員の募集を行う従業員で、店舗当たり2人の削減という。

2010年 1月 25日 12:32 JST / ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

http://jp.wsj.com/US/Economy/node_25611

1月25日:人民元対米ドルレート基準値、6.8270元

2010年1月25日、中国人民銀行は人民元対米ドルレート基準値を6.8270元 (約90.1847円) と発表した。なお、前営業日基準値は6.8271元 (約90.1860円)。2005年7月21日以降の人民元対ドルレート切り上げ率は18.7930%。

01/25 11:26 / China Press

http://www.chinapress.jp/finance/19896/

NYダウ、3日連続大幅下落…22日

22日のニューヨーク株式市場は、米企業の業績回復に時間がかかるとの見方などから、ほぼ全面安となり、3日続けて大幅に下げた。ダウ平均株価 (30種) は前日比216・90ドル安の1万172・98ドルと、昨年11月6日 (1万23・42ドル) 以来、2か月半ぶりの安値となった。

2010年1月25日 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100125-OYT8T00291.htm

年前半の金利上昇局面で国債購入-プルデンシャルインベストメント

プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパンの坂口憲治投資運用本部長は、今年前半は世界的な景気回復基調や今夏の参院選挙に向けた財政懸念再燃で金利が上昇しやすいが、年後半には景気減速感の強まりで低下すると予想しており、「金利上昇局面では日本国債を購入していく」と述べた。

2010/01/25 09:13 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920018&sid=aMMvb.mHvuHY

〔金利マーケットアイ〕国債先物が下げ幅広げる、株価にらみで目先筋が売り

<13:45> 国債先物が下げ幅広げる、株価にらみで目先筋が売り

国債先物が下げ幅を広げている。中心限月3月限の足もとの取引水準は、前週末終値より16銭安い139円07銭。「主要投資家の動きは緩慢でフローはない。株価にらみの取引が続いている」(外資系証券) との指摘があった。日銀買いオペも手掛かり材料にはなっておらず、「閑散とした相場展開になっている」(国内証券) という。

<11:00> 国債先物は小幅続伸、取引量は5800億円余り

25日午前の円債市場は小幅続伸した。日経平均株価が下落したことを受け、国債先物に買い戻しが入った。ただ、主要投資家の動きが緩慢だったほか、海外ファンドからの仕掛け的な動きもみられず、総じて動意に乏しかった。国債先物の取引量は5800億円余りにとどまった。
国債先物の中心限月3月限の前引けは、前週末終値より1銭高い139円24銭。10年最長期国債利回りは、前週末比変わらずの1.320%。

<10:50> コール翌日物0.1%付近、レポ金利も低位安定

25日午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はおおむね誘導目標に沿って推移した。邦銀勢から比較的、底堅い資金需要が見られたため。一方、レポ取引も安定的に推移した。日銀は恒例となっている現先方式の国債買いオペで、スポットネクスト分の通告を見送ったが、影響は出なかった。オペ結果は案分ベースで0.100%だった。株安を背景にユーロ円3カ月金利先物は小じっかりで推移した。

2010年 01月 25日 13:33 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/marketEyeNews/idJPnTK036843820100125
 
 
 
フォーランドフォレックス