10年2月4日 ヘッドライン / 総合ニュース|FXトレーディングシステムズ:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年2月4日のニュースからのヘッドライン・ピックアップです。

ホンダ<7267.T>買い気配、2010年3月期営業利益予想を3200億円に上方修正

ホンダ (7267.T) が買い気配。3日に2010年3月期の連結営業利益 (米国会計基準) 予想を前年比68.7%増の3200億円に上方修正すると発表したことを好感している。

従来予想の1900億円の黒字に比べ、68.4%の上方修正となる。資金調達コストや研究開発費の減少、見通しと比べて円安に振れたことの影響などが利益を押し上げる。トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト20人の予測平均値2367億円を35.1%上回っている。

2010年 02月 4日 09:01 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK035838520100204

トヨタ株下げ止まらず、ブランドき損せず問題収束できるか焦点

トヨタ自動車 (7203.T) の株価が下げ止まらない。リコール問題が広がりをみせているほか、戦略車種のプリウスにも不具合に関する苦情が出ていることが明らかになった。

株価の急落で値ごろ感も出ているが先行き不透明感を嫌気して買い手が乏しいという。今後はブランドイメージを損なうことなく問題を収束させることができるかが焦点だ。対応を損なえば日本企業の「象徴」ともいえるトヨタの問題だけに日本製品全体への信頼度がき損するおそれもあり、市場は慎重に事の推移を見守っている。

2010年 02月 3日 18:51 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPJAPAN-13698720100203

外為9時 円、90円台後半で下げ渋り 輸出企業のドル売り意識

4日朝方の東京外国為替市場で、円相場は反落して始まった後、下げ渋り。9時時点は前日17時時点に比べ44銭の円安・ドル高の1ドル=90円82〜85銭近辺で推移している。

米雇用関連の指標が予想ほど悪化しなかったことを受け、ドル買いが優勢だが、市場では91円台で国内輸出企業の円買い・ドル売りが入るとの声も多く、円の下値は限られている。

09:13 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100204m2ASS0IMF02040210.html

ホンダ株が一時、トヨタを逆転 バブル後で実質初めて

4日の東京株式市場で、トヨタ自動車の株価をホンダの株価が一時、上回り逆転した。終値でも上回れば、06年7月のホンダの株式分割後では初めて。実質では1990年のバブル崩壊後初となるとみられる。

大規模リコール問題に揺れるトヨタは、前日比160円安の3240円に続落。前日に2010年3月期業績予想を上方修正したホンダは、一時180円高の3320円まで買われ、トヨタを80円上回った。

2010.2.4 10:12 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100204/fnc1002041013005-n1.htm

3日NY株、反落-ダウ26ドル安

3日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均は反落し、前日比26ドル30セント安の1万0,270ドル55セントで引けた。ハイテク株中心のナスダック総合株価指数は小幅続伸となり、同0.85ポイント高の2,190.91で引けた。

米サプライマネジメント協会 (ISM) が発表した1月の非製造業景況感指数は前月より改善し、景気判断の分かれ目である50を上回った。しかし市場予想を下回ったことから、米景気回復が想定よりも緩やかであるとの認識が広がり、相場の重しとなった。

2010年02月04日 07:15 / IBTimes

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100204/49684.html

シャープ、減収減益…液晶TV販売不振

シャープが3日発表した2009年4〜12月期連結決算は、中小型液晶パネルや欧米での液晶テレビの販売不振から、売上高が前年同期比11・9%減の2兆240億円、本業のもうけを示す営業利益が35・3%減の225億円だった。

2010年2月4日 / 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20100204-OYT8T00400.htm

「FRBの独立性堅持」 バーナンキ議長が2期目の就任宣誓

1日から2期目に入ったバーナンキ米連邦準備理事会 (FRB) 議長が3日、就任宣誓式に臨んだ。

「FRBは引き続き、多くの課題に直面している」と演説。2期目の課題として米経済の回復やFRBの独立の堅持、透明性の向上などに取り組む考えを示した。

10.2.4 09:56 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20100204ASGM0400W04022010.html

2009年個人向けPCの出荷台数は過去最高――MM総研

MM総研は2010年2月3日、2009年 (2009年1月〜12月) の国内のパソコン出荷実績に関する調査結果を発表した。

それによると、国内のパソコン出荷台数は前年比4.2%減の1305.1万台。出荷金額は前年比21%減の1兆1580億円にとどまった。出荷金額の減少は、ネットブックに加えて通常のA4ノートパソコンも平均単価が下落したことが原因で、2000年以降9年連続の減少になるという。

2010/02/04 / ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20100204/344191/

温暖化ガス対策「25%削減」、国内分が焦点 政府、行程表着手

国内の温暖化ガスの排出量を2020年までに1990年比で25%減らす目標達成に向け、政府は3日、具体策を盛ったロードマップ (行程表) づくりに着手した。小沢鋭仁環境相が同日の副大臣級検討チームに素案を提示した。

焦点の国内削減分は15%分、20%分、25%分の3通りのシナリオを想定。今後、関係者間で調整を進めるが、企業や家計の負担を巡る調整の難航は必至だ。

10.2.4 07:00 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100204ATFS0302503022010.html

パイオニア:三菱化学と提携へ 十数億円出資受け入れ

経営再建中のパイオニアが、三菱化学と資本・業務提携で最終調整していることが3日、明らかになった。

三菱化学はパイオニアに十数億円を出資するとともに、業務面では次世代の省エネ照明と期待される有機EL (エレクトロ・ルミネッセンス) 照明を共同開発する。パイオニアは今回の三菱化学との資本・業務提携を再建計画の新たな柱としてアピール、年度内にも200億円規模の公募増資を行う方針だ。

2010年2月4日 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100204ddm008020070000c.html

EUが歳出削減、税収増を勧告 ギリシャ財政再建で

欧州連合 (EU) の欧州委員会は3日、深刻な財政危機に陥ったギリシャ政府がまとめた経済安定化計画をおおむね了承、同時に歳出削減や税収増など一層の改善措置を勧告した。

EUは今後、ギリシャに計画の実施状況を報告させ、財政再建を厳しく監視する。勧告を実施しなければ、ギリシャは制裁金を科せられる。

2010/02/03 20:13 / 47NEWS

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020301001002.html

米財務長官、G7で新金融規制を提案へ 人民元も議論

米財務省高官は3日、カナダ北部のイカルイトで5〜6日に開かれる7カ国 (G7) 財務相・中央銀行総裁会議で、ガイトナー長官が米国の新金融規制案を参加国に説明、提案する方針を明らかにした。

金融機関の「大きすぎて、つぶせない」という問題の解消に向け、協調して取り組むことを要請するとみられる。中国の人民元相場が議題になるとの見方も改めて示した。

10.2.4 06:13 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100204AT2N0300W03022010.html

エコカー補助拡大、アメ車は8車種 米通商代表が「失望」表明

カーク米通商代表は3日、日本のエコカー補助金制度の見直しで対象となる米国車が8車種にとどまったことについて「資格を得た米国車種を限定した日本政府の発表に失望している」とする声明を発表した。

カーク氏は「補助金制度がより透明性の高い方法で運用され、米国車が多く対象となるよう日本政府に働きかけを続ける」と述べ、日本政府の今後の対応を注視する考えを示した。

2010.2.4 09:04 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100204/biz1002040905006-n1.htm
 
 
 
フォーランドフォレックス