10年3月19日 ヘッドライン / 総合ニュース|FXトレーディングシステムズ:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年3月19日のニュースからのヘッドライン・ピックアップです。

外為10時 円、反落し90円台半ば 対ユーロでも反落

19日午前の東京外国為替市場で、円相場は反落。1ドル=90円台半ばで推移している。米景気先行きの改善期待から、前日の米株式相場は上昇。投資家がリスクを取りやすくなったとの見方が、円売り材料に働いている。

90円台前半の水準では一部の国内輸入企業による円売りも出て、じり安の展開となっている。90円台後半では「国内輸出企業の円買いが活発になる」(国内信託銀行) との観測もあり、積極的に円を売る動きは限られた。

10.3.19 10:21 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/market/20100319m2ASS0IMF03190310.html

ユーロが対ドルで今月10日以来の安値圏、ギリシャ問題が圧迫要因

東京外国為替市場ではユーロが対ドルで今月10日以来の安値圏となっている。ギリシャが国際通貨基金 (IMF) に支援を求める可能性を示唆するなど、同国の債務問題をめぐる不透明感が根強く、ユーロは買いづらい状況が続いている。

ユーロ・ドルは1ユーロ=1.36ドル台前半で推移。前日の海外市場で付けた安値1.3587ドルからは戻しているが、上値は限定的で、東京市場では1.3620ドル付近で頭を押さえられる展開となっている。

バークレイズ銀行FXストラテジストの逆井雄紀氏は、ギリシャによるIMF支援要請は新しい話ではないが、「EUの中でも一枚岩ではないのかなという懸念が再燃という感じだ」と説明し、ユーロについては「レンジの下限近くにきたので、週末・連休を前に買いが入ってもおかしくないが、上は重くなりそう」と指摘している。

2010/03/19 10:32 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=akHNfEH_10G4

人民元の対ドル基準値、1ドル6.8263元=中国人民銀行

中国人民銀行 (中央銀行) は19日の人民元CNY=CFXSCNY=SAECの基準値を1ドル=6.8263元と発表した。

前営業日の基準値は6.8262元、市場終値は6.8261元だった。

2010年3月19日 10:25 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK862170020100319

日経平均反発、手掛かり難で序盤から上値が重い

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は小幅反発した。18日の米株式市場でダウ工業株30種が8営業日続伸したことや、国内需給改善で、堅調地合いに変わりはない。

ただ、手掛かり難で序盤から上値も重い。外為市場でドル/円は90円前半で比較的安定しているものの、ギリシャの財政再建問題を背景にクロス円安に振れていくリスクもあり、日中は為替を手掛かりとした相場展開が予想される。

2010年 03月 19日 09:33 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-14420920100319

米株式市場でダウ平均が8日続伸、ボーイングが高い

18日の米株式市場は、ダウ平均が8営業日続伸。ボーイング (BA.N) の値上がりがけん引した。一方、この日発表された経済指標の内容が強弱まちまちとなるなか、ナスダックとS&P500はほぼ変わらずで引けた。

ダウは、ニューヨーク証券取引所 (NYSE) の値下がり銘柄が値上がり銘柄数を上回ったうえ、四半期ごとの先物・オプションの期日を控えて取引が低調となったにもかかわらず、上昇した。

ボーイングが2.2%急伸してダウを押し上げた。バーンスタイン・リサーチが、同社の787型機プログラムについて「大きく進展しているようだ」との見方を示したことが好感された。ボーイングは2008年6月下旬以来の高値で引けた。

2010年 03月 19日 07:16 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14418220100318

欧州株: 小反落、ギリシャ財政危機への懸念深まり

18日の欧州株式相場は小反落。銀行株が売られたほか、ギリシャの財政状況への懸念が深まったことが重しとなった。

欧州主要企業600社で構成されるStoxx欧州600指数は0.14ポイント (0.05%) 安の261.20。前日は終値ベースの年初来高値を更新していた。主要指数の終値は、英FTSE100種総合株価指数が2.01ポイント (0.04%) 安の5642.62、独DAXは11.97ポイント (0.20%) 安の6012.31、仏CAC40種指数は19.71ポイント (0.50%) 安の3938.18。

エクサンBNPパリバの欧州株ストラテジスト、ラルス・クレッケル氏は欧州株について、短期的には極めて楽観的ながら、相場が高値圏にさしかかってからは長期的には公的債務が相場上昇の重しになるとの見方を示した。

2010年3月19日 9:06 JST / ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

http://jp.wsj.com/World/Europe/node_43311

NY金、4日続伸 4月物は1127.5ドル

18日のニューヨーク金先物相場は4日続伸。ニューヨーク商品取引所 (COMEX) で取引の中心である4月物は前日比3.3ドル高の1トロイオンス1127.5ドルで終えた。ギリシャ財政再建への不透明感を背景に「安全資産」とみなされている金に買いが入った。
ギリシャ政府が国際通貨基金 (IMF) に支援を求める可能性が報じられ、欧州連合 (EU) による支援が困難になったとの見方が一部で出た。いったん落ち着いていたギリシャ財政問題への懸念が再び強まり、金の買いにつながったという。

10.3.19 05:44 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100319ATQ7IAA0519032010.html

NY原油、3日ぶり反落 4月物は82.20ドルで終了

18日のニューヨーク・マーカンタイル取引所 (NYMEX) で原油先物相場は3営業日ぶりに反落した。WTI (ウエスト・テキサス・インターミディエート) で期近の4月物は前日比0.73ドル安の1バレル82.20ドルで終えた。対ユーロでのドル高をきっかけに原油売りが優勢となった。

ギリシャの財政再建への不透明感が強まったことなどを背景に、外国為替市場でユーロ安・ドル高が進んだ。ドル建てで取引される原油の割安感が薄れ、売りが出た。原油先物相場は約2カ月ぶりの高値圏で推移しており、高値警戒感や利益確定の売りも出やすかった。

10.3.19 05:44 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100319ATQ2INYPC19032010.html

2月の米消費者物価指数、前月比横ばい

2月の自動車価格の上昇は、エネルギーコストの低下に相殺される格好となり、同月の米消費者物価指数は前月比横ばいとなった。これにより、米連邦準備理事会 (FRB) には米経済下支えのために政策金利を過去最低水準に据え置く余地が残される見通し。

これとは別に、この日発表された先週の米週間新規失業保険申請件数は前週比で小幅減少した。減少は3週連続。一方、2009年第4四半期 (10-12月) の米経常赤字は過去1年間で最高水準に拡大した。経済活動の回復が原油などの輸入拡大につながった。

米労働省が18日に発表した2月の米消費者物価指数 (CPI、季節調整済み) は前月比で横ばいとなった。1月は0.2%上昇で修正されなかった。前回、CPI指数がこれほど抑制されていたのは2009年3月で、当時は0.1%低下していた。

2月の食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%上昇した。1月のコア指数は、0.1%の低下だった。

2010年3月19日 4:58 JST / ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

http://jp.wsj.com/US/Economy/node_43188

禁輸案否決に失望=欧州委

ワシントン条約締約国会議の委員会で大西洋・地中海クロマグロの国際取引を全面禁止する提案が否決されたことについて米内務省は18日、大西洋クロマグロにとって痛手だとする声明を発表した。

声明で、ストリックランド米交渉団代表は「今日の投票は、大西洋クロマグロにとって痛手だったが、われわれは持続可能な形で漁獲が管理されるよう戦い続ける」と強調。

2010.3.19 09:49 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100319/env1003190951002-n1.htm

富士ソフトがマイクロソフトとクラウド事業で協業、検証センターを新設

富士ソフトとマイクロソフトは3月18日、クラウドとオンプレミスの両分野において協業を図っていくことに合意したと発表した。今回の協業の一環として、富士ソフトは「マイクロソフトソリューション&クラウドセンター」を開設した。

富士ソフトの代表取締役社長を務める白石晴久氏は、「当社の顧客を見ていると、クラウドとオンプレミスの両方に興味を持っているところが多い。マイクロソフトはクラウドとオンプレミスの両分野のビジネスを推進しており、顧客視点でソリューションを提供していきたいという当社の戦略に合っている。今回の協業は当社のビジネス拡大に不可欠なものだ」と説明した。

同氏によると、同社ではマイクロソフト製品関連の売上として、2010年度に20億円、3年後の2012年度は2010年度の3倍超の70億円を計画している。

2010/03/19 / マイコミジャーナル

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/19/019/?rt=na
 
 
 
フォーランドフォレックス