10年3月26日 ヘッドライン / 総合ニュース|FXトレーディングシステムズ:FX会社を完全比較-資産運用.net FX:

外国為替FX-資産運用net
外為オンライン

フォレックス・ドットコムは、世界140カ国にオンラインFXサービスを展開!

先物・オプション手数料でも業界最低水準!miniは1枚52.5円

総合ニュース

FXに関する様々なニュースをお届け!

トレードの方針、売買のタイミングを考えるのに欠かせない各国発表の経済指数や、直接的・間接的に値動きに影響する多種多様な経済ニュース、そしてトレードにおいて精神的支えになる (!?) 格言などなど、面白くてタメになるいろんな情報掲載していきますので、トレードの参考や息抜きに是非ご活用下さい!

2010年3月26日のニュースからのヘッドライン・ピックアップです。

外為早朝 円、3日続落し92円台半ば 対ユーロは123円台に下落

26日早朝の東京外国為替市場で、円相場は3日続落して始まった。8時30分時点では前日17時時点に比べ68銭の円安・ドル高の1ドル=92円57~60銭近辺で推移している。日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが先行した。

25日の米債券市場で7年債の入札が低調に終わり、米10年物国債利回りが3.88%に上昇した。日米長期金利差が広がり、円は対ドルで売られた。週間の米新規失業保険申請件数も市場予想以上に改善し、ドル買いを後押しした。

2010/3/26 8:46 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C938181E29B9F94E2E38DE0E4E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

東京株、円安で3日続伸でスタート

6日の東京株式市場は、外国為替市場で円安に振れたことを好感し、輸出関連銘柄を中心に買いが入り、日経平均株価は3日続伸して寄り付いた。

日経平均株価は午前9時現在、前日終値比66円44銭高の1万0895円29銭。東証1部の全銘柄の値動きを示す東証株価指数 (TOPIX) は同5・26ポイント高の957・39。

2010.3.26 09:11 / MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100326/fnc1003260912006-n1.htm

米国株、ダウ平均が小反発 5ドル高、 雇用回復期待も伸び悩み

25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反発し、前日比5ドル06セント高の1万0841ドル21セントで終えた。週間の新規失業保険申請件数が前週比1万4000件減の44万2000件と市場予想より少なかった。雇用情勢の悪化に歯止めがかかりつつあるとの期待から買いが先行した。取引終了にかけてはドル高を背景に素材株などが売られ、ダウ平均は伸び悩んだ。

雇用改善期待に加え、個人消費が回復傾向にあるとの見方も相場の支えになった。朝方発表の四半期決算や利益見通しが市場予想を上回った家電量販店大手ベスト・バイが3%以上上昇し、小売株が全般に堅調だった。

バーナンキ米連邦準備理事会 (FRB) 議長による議会証言を受け、超低金利政策の継続観測が強まったとの指摘もあった。潤沢な資産が流入し相場を支えるとの見方から、ダウ平均は一時120ドル近く上昇した。

2010/3/26 6:30 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C938190E59B9393E2E78DE0E4E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381949EE0E4E2E3998DE0E4E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

債券11時 先物、続落 米債券安響く、年度末で国内勢動き鈍い

26日午前の債券相場は続落した。先物中心限月の6月物は前日比26銭安の138円30銭で午前の取引を終えた。

25日の米債券安の流れを引き継ぎ、商品投資顧問 (CTA) などの売りが広がり、一時は138円16銭と2009年11月12日 (137円76銭) 以来の安い水準まで売られた。現物債も中長期債が売られ、新発10年物国債である306回3月債の利回りは前日比0.025%高い1.385%まで上昇し、09年11月12日 (1.425%) 以来の高さになる場面があった。

3/26 11:18 / 日本経済新聞

http://markets.nikkei.co.jp/kawase/kinri.aspx?id=ASS0IMB02%2026032010

人民元の対ドル基準値、1ドル6.8268元=中国人民銀行

中国人民銀行 (中央銀行) は26日の人民元CNY=CFXSCNY=SAECの基準値を1ドル=6.8268元と発表した。前営業日の基準値は6.8266元、市場終値は6.8271元だった。

人民元の1日の許容変動幅は基準値の上下0.5%。しかし、切り上げ以降の変動は総じて許容幅より狭いレンジにとどまっている。

2010年 03月 26日 10:17 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK865601120100326

NY金、反発 4月物は1092.9ドルで終了 ドル高受け伸び悩み

25日のニューヨーク金先物相場は反発した。ニューヨーク商品取引所 (COMEX) で取引の中心である4月物は前日比4.1ドル高の1トロイオンス1092.9ドルで取引を終えた。ドルがユーロに対して売られた局面で、ドルの代替資産とされる金に買いが入った。ただ午後にかけてドルが買い戻されたため、金は伸び悩んで終えた。

2010/3/26 5:28 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C938183E59B9393E2E78DE0E4E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

NY原油先物時間外:3日続落、80ドル台-ドル高、米株安など嫌気

ニューヨークの原油先物相場は、26日の時間外取引で3日続落。ドル高、米株安、世界的に潤沢な原油供給などが嫌気されている。

前日の通常取引は一時、0.6%下落した。ギリシャ救済に関して欧州首脳の間で意見がまとまらないことを嫌気し、米株式相場は引きにかけてそれまでの上昇を打ち消した。米エネルギー省が発表した先週の原油在庫は725万バレル増加した。タンカーの動向を調査しているオイル・ムーブメンツによると、石油輸出国機構 (OPEC) は4月10日までの1カ月間の輸出を増やす見通し。

2010/03/26 10:37 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=adWSdbeuzliA

米FRB議長:米経済にはゼロ%付近の低金利が引き続き必要

米連邦準備理事会 (FRB) のバーナンキ議長は25日、景気てこ入れのために過去最低水準の政策金利が引き続き必要だと主張したものの、インフレ回避の必要が生じる場合にはFRBは金融引き締めに備える必要がある、との見解を示した。

バーナンキ議長はこの日、下院金融委員会での証言で、金融引き締めのためにFRBが取る可能性のある政策の概要を示し、米経済が十分な力強さを示すことになればFRBは行動に出る用意がある、と強調した。

証言用に準備された原稿によると、同議長は「米経済には引き続き緩和的な金融政策による支援が必要だ」と主張。その上で、「しかし、適切な時期が来れば現在の非常に大規模な金融刺激策を反転させる手段を確実に持てるよう取り組んでいる」と言明した。

2010年3月26日 5:15 JST / ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

http://jp.wsj.com/US/Economy/node_45148

ユーロ圏がギリシャ支援策で合意、IMFが関与

ユーロ圏首脳は25日、ギリシャ支援策で合意した。緊急時に、ユーロ圏諸国による二国間融資と国際通貨基金 (IMF) の支援を組み合わせてギリシャを支援する。ギリシャのパパンドレウ首相は、満足のできる解決策に到達したと歓迎の意向を示した。

同日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで10カ月ぶり安値に下落。支援策にIMFが関与したことで、ユーロ圏だけでは問題を解決できなかったとの受け止め方が広がった。合意文書には具体的な支援額は明記されていないが、欧州委員会の幹部によると、緊急時には200億─220億ユーロ (270億─290億ドル) 規模の支援が実施される見通し。

2010年3月26日 09:24 JST / ロイター

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-14522520100326

2月の消費者物価、前年同月比1.2%低下 6年半ぶり

総務省が26日発表した2月の全国消費者物価指数 (CPI、2005年=100) は変動の大きい生鮮食品を除くベースで99.2となり、前年同月比で1.2%低下した。マイナスは12カ月連続。1年間以上継続して物価が下がり続けるのは03年9月以来6年半ぶりとなる。

1月に比べ低下率は小さくなったものの、家電から衣料品まで幅広いモノの値段が下がっており、物価の下落が続く「デフレ」が長期化しつつある。菅直人副総理・財務相は同日午前の閣議後の記者会見で、物価が12カ月連続でマイナスとなったことについて、「デフレ脱却へさらなる努力が必要だ」と強調した。

食料とエネルギーを除いた指数 (欧米型コアCPI) は前年同月比1.1%低下した。前の月に比べ落ち込み幅はやや縮小したが、過去最低に近い水準でのマイナスが続いている。生鮮食品を含む総合指数は1.1%低下した。

2010/3/26 11:19 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E4E2E29F8DE0E4E2E1E0E2E3E29F9FE2E2E2E2;at=ALL

チェルト (3354) は前日比+15%の大幅高 イオンディライトが吸収合併、株式交換比率にサヤ寄せ

イオンディライトを存続会社として合併を行うことを決議し、同社と合併契約を締結したと発表。

チェルト株1株に対してイオンディライト株1.30株を割り当てることとなり、昨日のイオンディライトの終値をベースとした場合にはチェルトの理論株価は1,276×1.30=1,658.8円と試算され、昨日終値よりも約19%高い水準にあるため、同価格にサヤ寄せする展開となっている。

合併の効力発生日 (10年9月1日) に先立ち、チェルトの普通株式はジャスダック市場において8月27日に上場廃止になるという。

2010年3月26日 9時45分 / 毎日新聞

http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20100326203347.html

トヨタ、北米の品質統括にケンタッキー工場トップ起用へ

トヨタ自動車は、北米のトヨタ車の品質管理を統括する初代責任者に、北米最大の生産拠点であるケンタッキー工場トップのスティーブ・セント・アンジェロ氏を起用する。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

この決定が未発表であることを理由に同関係者が匿名を条件に語ったところによれば、北米トヨタの製造部門で執行副社長を務めるアンジェロ氏は、北米の品質特別委員 (CQO) として豊田章男社長をトップとするグローバル品質特別委員会に加わる。トヨタは24日、今月30日に日本でグローバル品質特別委員会の会合を開催することを明らかにした。

2010.3.26 05:00 / SankeiBiz

http://www.sankeibiz.jp/business/news/100326/bsa1003260509004-n1.htm

英紙インディペンデント、ロシア富豪レベジェフ氏が137円で買収へ

ロシアの富豪で旧ソ連国家保安委員会 (KGB) の一員だったアレクサンドル・レベジェフ氏が、英高級紙インディペンデントと日曜紙インディペンデント・オン・サンデーを1ポンド (約137円) で買収することで合意した。同氏はメディア投資を拡大している。

レベジェフ氏 (50) は昨年、ロンドンの夕刊紙イブニング・スタンダードを取得している。インディペンデントの親会社インディペンデント・ニュース・アンド・メディア (INM、本社ダブリン) の25日の発表文によると、今回の買収にはアイルランドの競争 (独占禁止) 監督当局の承認が必要。INMは南アフリカ共和国の屋外広告部門やドイツの価格比較サイトの出資分などの資産売却を進めており、インディペンデント紙を手放すのもその一環という。

2010/03/26 09:47 JST / ブルームバーグ

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=arK6_Cfsbbio

菅副総理「デフレ脱却への努力が必要」

菅直人副総理兼財務・経済財政相は26日午前の閣議後記者会見で、2月の全国消費者物価指数が前年同月に比べ1.2%下落したことについて「下落幅は縮まっているが、デフレ脱却へさらなる努力が必要と改めて思った」と述べた。

2010/3/26 9:21 / 日本経済新聞

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381949EE0E4E2E0E48DE0E4E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9C8197E09B9182E2E38DE0E6E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
 
 
 
フォーランドフォレックス