先物とミニの違い:日経225先物・日経225ミニを比較-資産運用.net

日経225先物・日経225mini-資産運用.net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

「日経225先物」と「日経225mini」の違い

提供:ひまわり証券

日経225先物と日経225miniの違いを紹介!

「日経225mini」は「日経225先物」のミニ版。「日経225mini」は登場以来、右肩上がりで取引高が増加しており、取引参加者も個人投資家が約半数を占めています。人気の秘密は、従来の日経225先物の10分の1という取引単位でお取引ができる気軽さ。 また、取引に必要な『証拠金』も約10 万円程度なので先物取引の入門編としても最適です。

  日経225先物 日経225mini
必要証拠金
証拠金は08/3/10のひまわり証券の場合
792,000円 79,200円
手数料
※1枚あたり/片道
945円(税込) 105円(税込)
日経225mini 取引高推移

取引高推移グラフ

ひまわり証券

デイトレード派には

発注の手間を極限まで抑え、最短ワンクリックで発注可能な取引画面がおすすめです。
値動きの速い相場にもすばやく対応できる、アクティブな取引に必須の取引システムです。ワンクリック注文クイックトレード

日中は忙しいあなたは

通常注文や逆指値注文など、モバイルからの発注も可能。また、5分足や日足などのチャート画面や、各銘柄ごとの板画面もご覧いただけます。発注状況や建玉状況も確認できるので外出先でも快適にトレードできます。外出先でも快適モバイルトレード

『システムトレード』で『自動売買』したいあなたは

「システムトレード」とは、一定のルールに基づいて機械的に売買を行う画期的な投資手法です。「利益確定のタイミングがわがらない・・・損切りができない・・・」といった投資につきものの悩みも、一定のルールに従って売買を行う「システムトレード」なら売買のタイミングに悩みません!ルールの構築も、ひまわり証券のシステムトレードツール「トレードシグナル」なら500種類以上の売買戦略の中からご自分に合った売買戦略を選ぶ事ができます。
また、日本で初めて日経225先物・日経225mini・TOPIX先物の自動売買を可能にした「トレードシグナル」なら、お選びいただいた売買戦略を適用して自動発注機能を設定すれば、あなたに代わってルール通りに売買注文を発注します。日経225先物、日経225mini自動売買システム「tradesignal」

 
岡三オンライン証券
 
 
 
 
楽天証券