不動産投資:資産運用・投資サービスの総合比較サイトー資産運用.net

資産運用.net
外為オンライン

キャッシュバックキャンペーン

5,000円キャッシュバックキャンペーン

不動産投資とは

不動産投資とは

不動産投資とは、マンションやアパートに購入し、その家賃で収入を得ることや購入物件の購入金額と売却金額の差額で利益を得ることを目的とした投資のことをさします。

もちろん、投資なので元本は保証されるわけではありませんが、安定した家賃収入が期待できます。
さらに、土地や物件の価値が上昇した際、売却益が期待できる投資手段であり、資産運用として利用している人も多いようです。

不動産投資のメリットとリスク

メリット

① 安定収入が見込める

家賃は定期的に入ってくるため、特に空室率が低い物件では、安定した収入を得ることができます。

② インフレに強い

インフレのように物価が上昇した際は、購入した物件の資産価値や家賃が上昇することが予想されるためインフレ時に強い投資商品と言えます。

③ 節税対策

ローン金利や管理費、修繕費などを必要経費として控除することができます。また、不動産所得が赤字の場合給料との損益通算ができるので、税金が戻るケースがあります。

④ 相続税対策

故人が残した財産を評価する場合、現金などはその時の時価で評価をします。
しかし、不動産の場合は土地は路線価評価、また建物は固定資産税評価額で計算され、更に人に貸している場合は一定額をさらに引くことが可能となります。一般的には不動産の時価より、相続税評価額が下回っている場合が多いです。
そのため、不動産の時価と相続税評価額の差額に相当する相続税が軽減されることと同じになり、現金や有価証券を保有するより、不動産を保有しているほうが、相続税を軽減することが可能になります。

⑤ 生命保険機能

不動産投資を行う際にローン (借入金) を利用する場合、通常団体信用生命保険に加入することになります。万が一、ローンの返済中に死亡した場合でも、ローンの残債は保険で支払われます。
これにより、家族には債務のないマンションやアパートといった不動産が残り、安定した家賃収入のみを受け取ることができ、また売却による売却益を受け取ることもできます。

リスク

① 空室率上昇

安定した家賃収入を得るには、空室率を抑えることが重要です。
入居者が少ない場合は、当然得られる家賃収入が減ります。空室率の上昇の要因は、建物の老朽化や利便性の善し悪し、また景気状況など様々な要因に影響を受けます。

② 家賃滞納

入居者が増えても、実際に家賃を支払ってもらわないと、家賃収を得ることはできません。

③ 流動性

不動産投資は、全体的に高額商品です。
従って、購入 (投資) 後、思うように収入を得られないので、売ろうと思っても、すぐに売却先を見つけられないことが多いです。

④ 自然災害

地震などの自然災害でマンションなどの建物が壊れた場合は、修繕しなければなりません。

 
資産運用を考える

そもそも資産運用とは、何を指すのか?投資をすることが資産運用なのか?資産運用に関する基本を確認。

 
投資商品を比較する

投資商品は様々あります。現在個人投資家に人気の投資「FX」「投資信託」から、注目の「CFD取引」など自分に合う投資商品を探してみてください。

 
FXCMジャパン証券